フォトフェイシャルは肌にどう効くか

皮膚に照射するレーザー治療では、ルビーレーザーやアレキサンドレーザーなど、単一の波長を持った光を照射するのですが、幅のある波長をもち、何色もの光が集まってできているのが、フォトフェイシャル(IPL)です。そのため、シミ治療やシワの予防など、複数のレーザーがもっているはたらきを一度に顔に浴びせられる、というのが大きな特徴です。角栓を取り去ったり、皮膚表面の新陳代謝を活性化させる効果も期待できます。フォトフェイシャルアクネスやクリアタッチもこのフォトフェイシャルの一部です。

照射する際にはジェルを塗って肌を冷やしながら行うのでダメージを与えることが少ないのも特徴です。痛みもレーザーのものに比べるとかなりマイルドになりますが、レーザーのような指向性がない分、皮膚の深い部分に働きかける効果はそこまでありません。深い部分のシミを解消したり、ホクロやアザを解消するための処置であれば、レーザー治療を選択するといいでしょう。低負担で長期的に取り組むならこちらが向いています。

PR|ビジネスで活かすTOEIC英会話はこちらがおすすめ